訪問マッサージを活用しよう

訪問マッサージの対象者は?

訪問マッサージの医療保険対象となる方

健康保険 (医療保険) を利用した訪問マッサージの対象となる方は、脳卒中・脳梗塞・脳出血後遺症などで身体の一部に麻痺がある方や、関節の拘縮や筋肉が硬くなり動作が不自由な方、あるいは、寝たきりや歩行困難により通院が難しい方といった人になりますが、以上のような症状であれば、医療保険適応になりますので、訪問マッサージの対象者となります。その際には、医師のマッサージに対する 『同意書』 と 『保険証・受給者証・障害手帳等の番号』 があれば、訪問マッサージを受けることができます。それから、寝たきりや歩行困難者以外であっても、医師がマッサージ施術が必要であると判断すれば健康保険で訪問マッサージを受ける事ができますので安心して下さい。

 

どんな症状の方が訪問マッサージを受けているか

高齢者・自宅療養をされている方(病気をお持ちの方)は勿論ですが、様々な症状の方が利用されています。代表的なものとしては、脳梗塞・癌・糖尿病などのリハビリが必要な方や、脳血栓・脳内出血の後遺症のある方とか、骨折や重度の腰痛・変形性関節症の方まで様々です。あるいは、パーキンソン病・脳性マヒ・リュウマチといった方も利用されています。その他にも医師が必要と認めた疾患という事になっていますので、身体障害者受給者証をお持ちの方でもOKです。

 

対象外の方

健常者の方は訪問マッサージを受けることは出来ません。勿論、肩こりや体調を整えるだけの方は対象外となります。ただ、健常者の方は、保険の適用にはなりませんが、マッサージ自体は有料で通常料金で行ってますので、利用することは可能です。尚、訪問マッサージを利用された家族向けにも、ついでに自由診療 (保険適用外) でマッサージを行うこともしているようですので、介護疲れで、ストレス解消に利用されている方からは好評を得ているようです。とにかく、介護保険ではなく医療保険を使ったマッサージですので、介護保険の限度額を気にせずにご利用できるので、安心してご利用いただけます。その他、身体のどこかに不自由がある方はお気軽にご相談して見てみる事をお勧めします。