訪問マッサージを活用しよう

寝たきりでなくても訪問マッサージを頼めるの?

健康保険で訪問マッサージを受ける条件

訪問マッサージを受けられる条件として、自分で治療院まで通うことができない正当な理由のある人が対象になりますが、例えば、高齢で介護を受けている人や、身体が不自由で通院が難しい人であれば対象になりますが、それ以外の、通うのが面倒だとか、時間がないからなどの理由では、保険診療は認められないことになります。したがって、寝たきりのご高齢者・歩行困難者・障害者、の方等であれば問題なく受けられることになります。ただ、訪問する治療院から半径何キロという制限を設けてい所もありますので、診療を申し込む際には、訪問範囲内かどうかの確認がいるようになると思います。

 

介護の現場は大変過酷になっている

現在の介護現場は老老介護や家族介護による重度が重くのしかかり、ケアマネや、ヘルパーさんには大変過酷な職場となっているのが現実です。患者さんには少しでも健康を取り戻してもらい、家族や介護施設の方への負担を軽減したいのが本音です。そんな中で、側面から強力にサポートする訪問マッサージは増加傾向にあります。介護保険でのPTによるリハビリの機能訓練に加え、鍼灸やマッサージをしてもらうのは、寝たきりでなければ頼めないという条件はありませんので、是非、リハビリの足らない部分も補えるマッサージを利用することは、より範囲の広い医療の選択として見直されてもいます。

 

リハビリには出来ない痛みに対する治療が可能

訪問マッサージは、特にリハビリには出来ない痛みに対する治療が可能ですので、より範囲の広い医療を保険適用で受けれますので、介護保険にはカウントされませんので安心して受けられます。健康保険適応ですので、後期高齢者医療、国民健康保険、協会健保、健保組合などの各種健康保険を使えますから、往診料を含めた負担も僅かとなっています。また、生活保護や交通事故の自賠責保険や、任意保険及、医療助成による障害者医療保険なども使えるようになっていますので、寝たきり状態患者ばかりではなく、自力での歩行が困難の患者さんであれば、問題なく頼めますので、マッサージや関節の機能・可動域訓練といったものばかりでなく、痛みに対する鍼灸治療や、硬くなった体のリラクゼーションとしても是非利用を考えて見てはいかがでしょうか。