訪問マッサージを活用しよう

自宅以外の場所でも訪問マッサージは来てくれる?

施設側で問題がなければ訪問可能

自宅以外の場所へ、訪問マッサージは来てくれるのか不安な方がおります。在宅医療という言葉から、どうしても誤解されがちなのですが、結論を言うと、訪問は可能です。ただ、入所している施設に確認を取っていただき、施設側で問題がなければ、訪問する場所が、自宅か施設かの違いだけになりますので支障はありません。保険が適応になりますので、一般的な疲労を取り除くマッサージと比べると、より医療的になりますので、勿論、医師の同意が無いと施術が出来ません。 手技でのマッサージとなりますので、基本的には、筋緊張の緩和、血行促進が主な目的となりますが、それ以外にも活用は可能です。例えば、関節可動域訓練や筋力トレーニングといった機能訓練も加える事が出来ますので、総合的な身体機能の向上を目的としても喜ばれております。

 

訪問マッサージと訪問リハビリ

訪問マッサージと在宅マッサージは呼び名の違いだけですので、問題なく自宅以外でも訪問は可能ですが、訪問マッサージと、訪問リハビリとの違いをお話ししたいと思います。訪問リハビリは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が医師の指示のもと行うものとなります。医師の同意を得て行うことになり、どちらも変わりは無いのですが、医学療法士は、主に機能訓練やストレッチを行います。一方、訪問マッサージは、按摩マッサージ指圧師が医師の同意を得て行うものですが、主にマッサージや機能訓練を行うことになります。勿論、理学療法士も、マッサージを行いますし、按摩マッサージ指圧師も機能訓練を行います。

 

認定資格から国家資格に変わる

訪問マッサージを受けられるのは、医師によって医療マッサージの必要性が認められた方に限られます。いくら老人ホームに入所しているからと言って、動けない人であれば誰でも受けられるかと言えばそうではありません。そこには医者の同意が必要になります。都道府県知事認定資格から国家資格に昇格した資格になっていますので、養成施設で、3年以上専門知識と技能を修得した人の資格所持者ですので、身体と心について幅広い専門知識を有しておりますので、自宅、施設といった違いなく、施術してくれますので、安心して利用されてはいかがでしょうか。